蓮池で遊ぶ翡翠

カワセミ

 昨年の夏、蓮池で撮った写真を掲載します。

2014/07/29 <6:51>
d0334006_14410423.jpg
2014/07/29 <6:53>
d0334006_14414683.jpg

2014/07/29 <6:54>
d0334006_14434823.jpg
2014/07/31 <6:19>
d0334006_14463474.jpg

d0334006_14473509.jpg

d0334006_14482439.jpg
2014/07/31 <8:28>
d0334006_14491243.jpg
2014/08/06 <6:20>
d0334006_14495930.jpg

2014/08/07 <5:55>
d0334006_14502782.jpg

2014/08/07 <6:33>
d0334006_14505254.jpg



by bridge_book2303 | 2015-08-31 07:30 | カワセミ | Comments(0)

身近な環境に訪れる野鳥

オオタカ & カッコウ

 6月後半、鳥友が近くの公園でオオタカの巣を発見し、暖めていた秘密の場所を教えてくれましたので様子を見に行きました。また、5月後半、神社の御神木に留まったカッコウを撮ることができました。

6月22日、オオタカの巣から姿を見せた幼鳥<14:28>
d0334006_20432713.jpg
6月24日、オオタカの親が巣から離れたところで警戒していた<15:44>
d0334006_20430999.jpg
6月24日、オオタカの子供が羽を広げ巣立つ仕草<16:07>
d0334006_20425339.jpg
5月22日、早朝の住宅街で電線に留まるカッコウ<6:18>
d0334006_20421271.jpg

5月27日、神社の御神木の高い枝に留まるカッコウ<12:00>
d0334006_20414481.jpg

d0334006_20412695.jpg

カッコウは、大きさや羽の色、胸毛の模様などがツツドリとよく似ている。



by bridge_book2303 | 2015-08-30 07:30 | オオタカ | Comments(0)

皇居内の晩秋

皇居内「乾通り」の紅葉

 この日(2014年12月05日)、午前中は六本木の国立新美術館で開催していた「日展」の作品を鑑賞、午後から皇居で開放している「乾通り」の紅葉を散策しました。
 坂下門から乾門を経て、北詰橋に回り、皇居東御苑・大手門を出て有楽町まで歩き銀座に出ました。夕飯はいつもの釜飯屋で美味しい焼き鳥とビールを頂きました。

坂下門の前には皇居外苑で整列・待機していた人々がやっと入って行く<14:31>
d0334006_17033721.jpg
歴史を感じさせる坂下門の造り<14:31>
d0334006_17031947.jpg
坂下門の外灯<14:32>
d0334006_17025353.jpg
乾通りの紅葉<14:43>
d0334006_17021112.jpg
蓮池濠の城壁(石積)… 東御苑側は大奥や松の廊下があったところ<14:47>
d0334006_17015081.jpg
西詰橋付近の紅葉<14:49>
d0334006_17002552.jpg
乾濠付近の紅葉<14:57>
d0334006_17000255.jpg
乾門の外灯<15:00>
d0334006_16593053.jpg
夕暮れどき銀座四丁目交差点の和光ビル<16:20>
d0334006_16590530.jpg
この日は、歩き疲れました。




by bridge_book2303 | 2015-08-29 07:30 | 風景 | Comments(0)

春の兆しに渡来した野鳥

キレンジャク・ヒレンジャク

 3月24日、野鳥の森に連雀が渡って来たとの情報を得て出掛けてみました。沢山のカメラマンが待機していました。連雀は大きな木の窪みに水が溜まっているところへ集団で降りて来るのです。私も皆さんと一緒に便乗して撮らせて頂きました。

ヒレンジャクの2羽が果実の木から様子を窺っている<11:20>
d0334006_08391848.jpg

木の窪みに溜まった水を飲む順番で争っている<12:00>
d0334006_08390298.jpg

キレンジャクが水場に向け飛び上がる<12:14>
d0334006_08383664.jpg
キレンジャクが水場に突入、ヒレンジャクは待機?<12:14>
d0334006_08380756.jpg
水場の前でキレンジャクとヒレンジャクが睨み合う?<12:26>
d0334006_08372717.jpg





by bridge_book2303 | 2015-08-28 08:57 | キレンジャク・ヒレンジャク | Comments(0)

オオヨシキリ

 5月11日の夕方、近くの入間川で激しく泣き叫ぶオオヨシキリを撮りました。

強風に煽られ、足元のススキが揺れていました<17:09>
d0334006_09291863.jpg
<17:39>
d0334006_19335417.jpg
<17:43>
d0334006_19330136.jpg
<17:44>
d0334006_19324020.jpg
5月17日、吉見町の公園で撮ったオオヨシキリ<9:39>
d0334006_19321758.jpg


by bridge_book2303 | 2015-08-27 08:13 | オオヨシキリ | Comments(0)

ノビタキ

 4月16日、いつも度々情報を頂いている鳥友より連絡があり、菜の花畑に飛び回るノビタキを撮りに出掛けました。天候は春の暖かな陽気で申し分なく、自分の撮影技術に問題がありました。鳥友の写真を見て自分が如何に下手糞であるかを悟りました。来年は頑張りたいと思います。

菜の花の群落に留まるノビタキの雌<7:04>
d0334006_10124618.jpg
ノビタキの雌<7:05>
d0334006_10122891.jpg
ノビタキの雌<7:58>
d0334006_10120395.jpg
ノビタキの雄<10:01>
d0334006_10113666.jpg
ノビタキの雄<10:20>
d0334006_10111476.jpg
ノビタキの雄<10:42>

d0334006_10105218.jpg
ノビタキの雌<11:09>

d0334006_10101468.jpg
ノビタキの雌<11:14>

d0334006_10094953.jpg
翌日(4月17日)撮影したノビタキの雌<9:53>

d0334006_10091700.jpg



by bridge_book2303 | 2015-08-26 10:50 | ノビタキ | Comments(0)

ミソサザイ

 4月03日、いつもお世話になっている鳥友より情報を頂き、小さな滝のあるお山に野鳥を求めて出掛けました。至近距離に、あの小さな鳥のミソサザイが姿を見せてくれました。かなり大きな鳴き声で飛び回っていました。

鳴き声と共に最初に姿を見せたミソサザイ<8:30>
d0334006_08001362.jpg
次に現れたミソサザイ<9:32>
d0334006_08005785.jpg
枯れた木の根に飛んで来た<10:23>
d0334006_08014883.jpg
d0334006_08022203.jpg
沢の岩場にある巣の近くから飛び出して来た<14:23>
d0334006_08030289.jpg
鳴き声を発して、遊んでくれているようだ!<14:36>
d0334006_08033477.jpg
駐車場近くの場所で泣きながら移動している別のミソサザイを発見<15:23>
d0334006_08040557.jpg
鳴き声を出さず、巣造りのコケを探しているようだ<15:37>
d0334006_08043372.jpg
5月14日、同じ沢の岩場の近くで撮ったミソサザイ<13:18>
d0334006_08050552.jpg
ミソサザイは、留鳥であることが解りました。



by bridge_book2303 | 2015-08-25 08:52 | ミソサザイ | Comments(0)

牧草地に現れた野鳥

キジ

 4月09日、夕方の3時頃、公園の側の畑や牧草地が広がる一角にキジの雄がやって来た。30分程の間に、いろんなパフォーマンスを披露してくれた。

d0334006_19561710.jpg
d0334006_19585547.jpg
d0334006_19594847.jpg
d0334006_20002757.jpg
d0334006_20010608.jpg
d0334006_20013876.jpg
d0334006_20021581.jpg
d0334006_20025897.jpg
d0334006_20033320.jpg


by bridge_book2303 | 2015-08-24 20:16 | キジ | Comments(0)

オオルリ

 6月初旬、いつもお世話になっている鳥友から情報を頂き、急ぎ現場に着いてみると、予想だにしなかった場所で子育てをしていました。鳥友に感謝です。感激と興奮が入り混じっていました。憧れのオオルリでしたが、技術力が不足していた為、綺麗な写真が撮れませんでした。腕を上げたいと思いました。なお、営巣中の撮影は出来るだけ避けるのがマナーと心得ておりましたが、生涯にこのような経験は無いものと思い、細心の注意を払いました。

餌を運ぶオオルリの雄<8:58>
d0334006_18171767.jpg
餌を運ぶオオルリの雌<9:54>
d0334006_18183532.jpg
雌と5羽の子供達<9:58>
d0334006_18203716.jpg
雄と5羽の子供達<11:25>
d0334006_18214523.jpg
子供の下の処理をする雄<11:25>
d0334006_18485007.jpg
翌日の朝、雌が給餌にやって来る<7:07>
d0334006_18511758.jpg

背景が悪いため雄をアップにトリミング<7:23>
d0334006_18544228.jpg
雄が果実の給餌にやって来る<9:30>
d0334006_18574495.jpg
雌が給餌にやって来る<12:22>
d0334006_18591794.jpg
雄が果実を加え待機<12:57>
d0334006_19005739.jpg

音に反応して振り返る雄<14:02>
d0334006_19014614.jpg
警戒する雄(尾羽を立て怒りのポーズ?)<14:25>
不安な気持ちにさせてごめんなさい!
d0334006_19042926.jpg

ナーバスになっている様子が見られた為、オオルリの親に感謝の意を込め、静かに撤収する。

by bridge_book2303 | 2015-08-23 19:48 | オオルリ | Comments(0)

田植え前の田園の風景

アマサギ

 5月21日、いつもお世話になっている鳥友より情報を頂き、田園に向かう。現地に7時半頃到着したが、アマサギは直ぐには見つからず、30分程車の中で待機した。再度周辺を回って探すと、草陰にアマサギとダイサギが隠れているのを発見。手持ちのカメラで50m程近づくと飛び立ってしまった。間も無く田圃に耕運機が入るとアマサギが2羽飛んで来た。これで漸く証拠写真が撮れた。

耕運機が耕した跡の餌を狙っている
d0334006_18081536.jpg

呆然と何を考えているのだろう?
d0334006_18075270.jpg

飛び立ち、別の場所へ移動した
d0334006_18064944.jpg


d0334006_18071766.jpg

かなり歩いて移動し、アマサギを発見する
d0334006_18053234.jpg

耕運機の跡を追いかけるアマサギ
d0334006_18051206.jpg


悠然と先を見つめるアマサギ
d0334006_18061904.jpg

アマサギと一緒に隠れていたダイサギ
d0334006_18082941.jpg





by bridge_book2303 | 2015-08-22 19:18 | アマサギ | Comments(0)